はじめての子犬

良いペットショップの見分け方

子犬を入手する方法で1番多いのが、ペットショップで購入する方法です。

ペットショップは、気軽に行けて他の犬と見比べられたり、いろんな相談に乗ってもらえることがメリットです。

お店によっては店員さんや他の犬と完全に隔離して育てており、社会化が出来ずに育っているケースも多いんです。

環境などがずさんな場所で、正しい知識もないまま店員さんが育てているペットショップも多くあるんです。

しっかり愛情と健康と社会化に配慮してくれているペットショップで購入することが理想です。

では、良いショップの見分け方のポイントを確認してみましょう。

良いショップの見分け方

犬に関する知識が豊富か

もし購入する犬種がきまっているなら、原産国や気質、運動量など沢山質問してみましょう。

ブリーダーほどではなくても、プロなら答えられて当然です。
基本的なことを知らないということは、無知のまま育てている可能性が高いのです。

自分のライフスタイルに合う犬をすすめてくれるか

家族構成やお仕事など、るすにするじかんなどを隠した上で犬種選びやあどばいすをしてくれる定員さんが理想です。

良心的なところなら、デメリットや問題点も必ず説明してくれます。
話もろくに聞かずにオススメだけしてくるショップは避けましょう。

子犬の居場所(販売されているケージ)は衛生的か

排泄物が放置されていたり、悪臭がしたり、飲み水が綺麗じゃなかったり、ケージの汚れがひどいショップには要注意。

遊ぶ時間どころか食事も含めた全体的なケアが疎かになっている可能性が大です。

遊ぶ時間を設けているか

1日のうち何時間かは店員さんや他の犬と遊ぶ時間を設けているところが理想です。

ケージに入れっぱなしだと社会化が出来ず、人や他の犬との関わり方がわからないまま育ってしまいます。

最後のワクチンの注射が終わるまでは出しません、というショップには要注意。犬が健全に育ちません。

健康で、適切なワクチンプログラムを行っていればケージから出しても問題はありません。

生後46日以上の子犬を販売しているか

改正動物愛護管理法で、生後45日を経過しない子犬の販売は禁止されています。犬同士の社会化のことも考えると、本来は8週齢以降の子犬を迎えているショップが望ましいです。

意外とちっちゃくて可愛いと思ってよく見てみたら…生後は45日以下の子犬の販売をしているショップもあるんです。

誕生日を詐欺して表示しているペットショップも。

小さすぎて不安になる時はちゃんとしているペットショップなのかしっかり調べてみましょう。

生命保障制度の内容に問題はないか

病気や死亡に対する保障制度が整っているかどうかはしっかり確認しましょう。
これは、ペットショップが健康管理に自信がある証拠に繋がります。

子犬の購入金額に注意

例えば両親がチャンピオン犬だったり、珍しい犬種だったりする場合は比較的値段も大幅に上がりますが、逆に極端に安い場合もあるんです。

極端に安い場合は先天性の病気があったり、犬の競市場(抵抗力の弱い月齢の幼い子犬が多く出入りし、伝染病にかかるリスクが高い)から入手している可能性があります。

周りと比較して、何故安いのか?は必ず確認しておきましょう。

最後に

子犬をどこで購入しようか迷っている場合は、色んなペットショップを回ってみることをお勧めします。

子犬を迎えた後も相談に乗ってくれたり、アフターケアをしてくれるショップもあります。

私も犬を2匹、ペットショップで購入しましたがお店によってカラーは大分違いました。

近くのいくつかの病院と連携していて、子犬の間の数ヶ月健康診断が無料だったりするペットショップや、

ペット看護師の資格やペットの保険会社公認のアドバイザーの資格を持っている方が在籍するとても親身に詳しい知識で相談に乗ってくれるペットショップもありました。

安心して子犬を購入出来る、自分に合ったペットショップを選びましょう。