はじめての子犬

はじめに揃えるもの、徐々に揃えるもの

子犬を迎える前に揃えておきたいもの、徐々に揃えていきたいものを今回は一緒に確認していきましょう。

ペットショップだけでなく、ホームセンターや大きいスーパーなどにもたくさん置いてあります。

コンビニにもおやつやトイレシートなどを置いているところもあります。

費用も馬鹿にならないので、良くペット用品を購入するお店を決めておき、ポイントカードなどを使ってポイントを貯めておくことをお勧めします。

ワンちゃんの性格や好みにあったもの・適切なサイズ・用途を確認して購入しましょう。

はじめに揃えるもの

ハウス

子犬の個室兼ベッドとなるもの。

移動用キャリーのクレートを使用すれば、外出時の移動にもそのまま使えて便利です。
柵状のケージでも◎

巣穴のような薄暗くて狭い場所を犬は好むので、寝床に排泄したり汚すことを嫌うので、広すぎると隅をトイレにしてしまうことも。
広すぎるハウスはNGです。

ベストは中で伏せができるぐらいの大きさです。

サークル

留守番時に子犬を入れたり、トイレのしつけに使用します。子犬の成長や用途に合わせて幅広く利用できます。

大きくなるとフェンスを飛び越えてしまうことがあるので、屋根付きのものや十分高さのあるものを選ぶことをお勧めします。

トイレ

トイレにはペットシーツを使うのが一般的です。
ペットシーツを噛んだりイタズラしてしまう子犬にはメッシュのトレーがお勧めです。

トレーが小さいと失敗の原因になるので、子犬の倍以上の大きさのものにしましょう。

フード

お迎え当初は、ショップなどでもともと食べていたものを購入しておき、与えましょう。

フードを切り替える場合は、もともと食べていたフードに少しずつ混ぜて時間をかけて切り替えましょう。

食器

食事用と水飲み用(給水器でも可)を用意しましょう。食器で遊んでしまう子犬もいるので、ステンレスや陶器などの安定感があって適度な重さのあるものがベストです。

おもちゃ

遊びの道具というだけでなく、しつけやストレス発散にも役立ちます。

家族が一緒に遊ぶためのボールやぬいぐるみなどの「コミュニケーション用」と齧ったりして遊ぶ「1人遊び用」を用意しておきましょう。

おもちゃは消耗品なので、多めに用意しておくことをお勧めします。

掃除グッズ

子犬のうちはそそうや嘔吐しやすいので、直ぐに対処できるようにタオルやティッシュなどをたくさん用意しておきましょう。

寝具・保湿グッズ

ハウスには柔らかい敷物を敷いたり、犬用のベッドを用意しておきましょう。

使い古しの毛布なんかもお勧めです。

タオルは齧って繊維を飲み込んでしまうこともあるので避けましょう。

室温が低い時は、市販のベッドのホットマットやペダ用ヒーターなどで寒さを凌いであげてください。

徐々に揃えていけばよいもの

首輪・リード

散歩の時だけでなく、トレーニングや子犬の行動管理にも使えます。

はじめは布やナイロン製の軽いものがおすすめです。

首輪には迷子札をつけておくと安心です。

犬の体に負担をかけずに、抜ける心配もないハーネスが特にお勧めです。

グルーミング用品

ブラッシングや歯磨きなどの体の手入れに必要なアイテムは、子犬がお家の環境に慣れてきたら少しずつ使い始めていきましょう。

被毛のタイプで道具が異なるので、良く相談してから購入しましょう。

おやつ

トレーニングのご褒美に使いましょう。
犬によって好みが分かれますが、レバーやチーズなどの匂いの強いものかま好まれやすいです。

幼犬にあげても良いもの、生後○ヶ月以降にあげて良いものなどと裏に記載があるおやつがほとんどです。
しっかり確認してからあげましょう。

キャリーバッグ

グレートよりも小さく子犬や小型犬のお出かけ時にあると便利なバッグです。
キャリーバッグの他にもスリングというまるで飼い主に抱っこされているような便利なバッグもあります。

電車など交通機関によって、顔が出ないものや布製バッグはダメなど規制があるので要注意が必要です!

最後に

紹介したアイテムはほんの一部分です。アイテム一つにも色んな種類・サイズ・デザインがあるので、しっかり自分の子犬にあったものを手に入れましょう。

ペットショップなど、もともといた場所でお気に入りだったぬいぐるみやおもちゃなど、同じものや似たようなものをゲットしておくと安心ですよ。