はじめての子犬

ポメラニアンをお迎えしました。【子犬お迎え実際の流れ編】

初めて犬をお迎えし、お迎え前の準備やご飯・躾・散歩・・・等、
調べたり聞いたり実体験しながら学んだことを記事に残しておきます。

初めて犬をお迎えする方に少しでも参考になりますように。

たまたまふらっと時間つぶしに立ち寄ったペットショップ。
いつかは飼いたいなーと思っていた白ポメラニアンを観にふらっと入りました。

その時に、人生で初めて一目惚れをしました。

そのお相手がこちら、

デニッシュくん(命名しました)です。
黒のポメラニアンでなんと生後2ヶ月の子犬ちゃんです。

一目惚れした時はそのまま帰宅しましたが、
どうしても忘れられずペットショップに電話をし、後日ペットショップへ行き相談をしました。
(引っ越しの関係上、すぐにお迎えできないため)

なんと頭金を支払えば最大2週間はお迎えを待ってくれるとのこと。迷わず、頭金を支払いお迎えを決断いたしました。

 

すくすく育ち、今はなんと1.2キロだった体重も5ヶ月にして2.5キロになりました。
性格は一言で言うと、やんちゃぼうずです。

初めて犬をお迎えし、気づかされることがたくさんありました。

動物が感じる寂しさの大きさだったり、子供の赤ちゃんのように誤飲や段差に注意が必要だったり。
デニッシュくんは寂しがりで少し買い物に行ったりすると涙します。そして寂しくてストレス発散して悪戯ばかり。

寂しくさせて申し訳ないので、仕事も早く切り上げるようになったし、なるべくお家で過ごせるように環境も整え始めるキッカケになりました。

私自身、とても可愛いデニッシュくんに癒される毎日です。
そんな親馬鹿な自惚れ話はここまでにして、お迎えに関するお話を早速見ていきましょう。

お迎え前に準備するもの

  • 子犬のハウス
  • ケージ
  • トイレ(トイレシーツ)
  • 餌の器
  • 給水器
  • ぬいぐるみ
  • おもちゃ
  • ブランケット
  • ブラシ
  • 首輪(小さい頃から慣れさせておくと◎)
  • お迎えのキャリーバッグ
    (ハウスとして使うのも◎)
  • ドッグフード
  • 幼犬用缶詰

ドッグフードはペットショップで与えられているものを始めは与えましょう。
必ず同じものを用意しましょう。

子犬お迎えの日を決め、お迎えの日にはペットが入る大きさのバッグを持っていきましょう。

ドッグフードを変えたい場合は、新しい環境に慣れてから、ずっと食べていたドッグフードに新しいドッグフードを少しずつ混ぜていきましょう。
ゆっくり時間をかけて変えてあげると子犬の負担が減ります。

後に用意しても間に合うもの

  • おやつ(幼犬)6ヶ月以降〜に与えても可能など記載があるので注意
  • シャンプー・リンス(幼犬用)
  • 爪切り
  • 歯磨きシート
  • シャンプーシート
  • リード

お迎えの流れ

  1. わんちゃんを決める。
  1. 支払い・注意事項の説明・書類のサイン・保険やマイクロチップ等のお話。
  1. その後、すぐにお迎えです。
    (持ってきたペットのキャリーバッグに入れて持って帰る)

この時に聞いておくと良いこと

  • ドッグフードのメーカー
    与えている量(g)・時間と回数
  • 現在の健康状態
    体調・気になる所(デニッシュ君は耳ダニを治療中でした)
  • ワクチン接種の状況
    ワクチン接種証明書は忘れずもらいましょう。
  • お気に入りのおもちゃ
    ぬいぐるみが好き等
  • 普段の性格
    やんちゃ・寂しがり・・・等
  • 抱っこの仕方・ほか気になる所

ペットショップの店員さんやブリーダーさんは分からないところは全て答えてくれます。
分からないところはこの機会に聞いておきましょう。

お迎えが終わったらなるべく早く真っ直ぐ家に帰りましょう。
(おすすめは車やタクシー)
※電車や車は暑さや揺れで酔ったり吐いたりしちゃうわんちゃんもいます。

迅速に家に向かいましょう。
家に帰ったらまずはケージの中に入れ、おうちに少しずつ慣れさせてあげましょう。

ケージから出す前に・・・、

  • 部屋を片付けましょう
    犬は何でも食べます。
    危ないものは高く届かないところに移しましょう。
  • 出入り禁止の場所には柵を
    キッチンや玄関など入って欲しくない場所には策をつけましょう。
  • 滑りやすいフローリングに注意
    床が滑りやすいと足腰を痛めやすいので、滑り止めワックスやカーペットなどを使用しましょう。
  • 気を付けたいゴミ箱漁り
    ゴミ箱は食べ物の匂いがしたり、犬にとっては興味をそそられるものがたくさん入っています。高さや蓋などに注意して漁ることが出来ないゴミ箱を選びましょう。

お迎え後に忘れてはいけない肝心なこと

  • トイレの躾
    お迎えしてしばらくはケージの中で、おうちに慣れてきたらケージから出して直ぐにトイレを覚えさせ始めた方が◎
  • ワクチン
    一月おきにワクチンを全部で3回注射します。
    (ペットショップで既に何度か注射済みのわんちゃんもいます)
  • 狂犬病
    ワクチン三回が終わったら、一月ぐらい後に狂犬病のワクチンが打てます。
    義務付けられているもので、市役所に行かなくても大体の病院で登録(狂犬病のワクチンを打っている証明・毎年通知が来ます)まで行ってくれます。

お散歩は、3回目のワクチン注射+狂犬病の注射が終わってからにしましょう。

飼い主さんが抱っこしたまま外をぐるっとしてみるくらいなら大丈夫ですが、ノミやダニ、日本にはほぼないと言われている狂犬病のウイルスが潜んでいる可能性もゼロではありませんので、歩かせないようにしましょう。

役立つおすすめ情報

よく遊んでよく寝る子犬・・・。

おもちゃ・季節・気温・しつけ・散歩・おやつ・・・子犬と一緒に過ごしていると分からないこと、沢山出てきますよね。

そんな時におすすめなのが、このふたつ!

飼育本

写真の説明が多く一番わかりやすかった室内犬の飼育本です。
初めてワンちゃんを飼う人に向けた説明が詳しく載っています。

そしてもうひとつかなりおすすめなのがこちら。

いぬのきもち

いぬのきもち公式サイト

  • 知育玩具
  • おやつのサンプル
  • わんちゃんプール
  • わんちゃんタオル
  • 躾やご飯・噛みグセ・留守番等の本…etc

初回特典は特に豪華で、その後も付録が多数・・・!
ワクワクしながら毎月購読しております。

犬を飼っている知り合いが少ない私にとって、犬の情報誌というのはとても役立っています。

  • トイレの覚えさせ方
  • 与えても良い食べ物
  • 留守番させるコツ
  • 雨の日のお散歩
  • おすわり等の覚えさせ方
  • 健康な尿の色 など

 

付録や雑誌の内容も豪華で、おすすめです!

飼育本だけではわからない季節のことやおすすめのアイテムなどを知ることが出来、とても役立ちます◎

ひと月の購読価格も約1200円!

痒い所に手が届く!通販PEPPY



ペットショップやホームセンターでは中々見ることの出来ない便利グッズや、カーペット・おもちゃ・ドッグフード・おやつ、
ベッドやリード・ハーネス、人気のレインコート・・・etc、

ペットとの生活はPEPPY一冊で品揃えが豊富なので欲しいものはほぼ全て揃います。

大活躍間違いなしのカタログ通販サイトです!

こんなのがあったら便利なのになぁ・・・それが叶うカタログです。
カタログ請求は勿論無料ですのでお気軽に◎。

 

これは良かった◎!
ああしとけば良かった!
ブリーダーさん・獣医師さん・飼育本・犬の気持ち・実体験・子犬飼い先輩・友人の話を参考にシリーズを更新して参ります。